医療法人 社団 我汝会 さっぽろ病院医療法人 社団 我汝会 さっぽろ病院

〒065-0024
北海道札幌市東区北24条東1丁目3番7号

文字サイズ

TEL:011-753-3030

TEL

部門紹介

看護部

私達看護部は、我と汝の精神に基づいて患者様、ご家族に信頼される看護を提供出来るよう努力しています。

看護部理念

私達は、看護の質の向上をめざし、患者様・家族の信頼に応え安心で安全な看護を提供出来るよう努めます。

看護方針

  1. 患者様、ご家族から信頼される看護を提供できるよう努める。
  2. 危機管理に対する意識を高め、事故防止に努め、安全・安楽な看護を提供できるよう努める。
  3. 他部署との連携を密にし、より良いチームワークを図り、業務を円滑にする。

放射線科

患者さんによりよい医療を提供すべく、スタッフ一同、他職種の方々と連携をとりながら日々業務を行っています。
最近の医療機器の発展により、さまざまな検査ができるようになり、その機器のポテンシャルを発揮し、専門性を生かした技術と患者さまにやさしい検査の実践を心掛けすることが、放射線技師の責務であると感じております。また、検査指示や画像情報など、すべてのシステムをデジタル化し、より一層に患者様の検査待ち時間が少なくなる様に努めてまいります。

一般X線撮影検査

胸や骨などのレントゲン(X線)画像や断層画像等を撮る装置です。X線検出器にはFPD(フラットパネル ディテクター)を採用しましたので、従来使用していました、CR(コンピューテッド ラジオグラフィ)装置より低被曝でより高画質が得られる装置を設備しました。

MRI検査

MRIとは(Magnetic Resonance Imaging)の略称。強い磁石と電波を使い体内の状態を断面像として描写する検査です。患者様は寝た状態で大きな磁石の埋め込まれたトンネルの中に入っていただき、高周波の電波を身体に当てることによって、体の中から放出される信号を特殊なアンテナで受信し画像をつくります。検査は、放射線(X線)を使いません。当院では磁場強度が1.5Tの超電導MRI装置を導入しています。

CT検査(Computed Tomography)

CTとは(Computed Tomography)の略称。人体に360°方向からX線をあて、透過したX線をコンピュータで処理し、臓器の輪切り像や三次元画像などの画像を作成します当院のCTはヘリカル撮影が可能なマルチスライスCTを導入しています。マルチスライスCTは、同時に多断面(スライス)情報を得る事ができ、撮影時間が大幅に短縮されました。3次元(3D)処理により立体的画像が得られ、手術に有効な立体画像の観察が詳細に行えます。

X線TV(透視)

X線TV透視装置は、代表的な検査としてバリウムによる胃透視検査などがありますが、当院ではおもに神経根ブロックや腰椎ミエロ、関節造影、骨折時の整復などに用いられます。

骨密度検査

骨の密度を調べる検査です。骨密度の値の評価や、時系列的に検査を行うことにより、骨密度の変化、治療の効果等を判定します。主に腰椎と大腿骨の頚部を測定します。

リハビリテーション

当院では医師の指示のもと、理学療法士・柔道整復師が連携し患者様のリハビリテーションを実施しております。

薬局

薬局では、主に入院された患者様の周術期に関わる医薬品の管理を行っており、患者様が安心・安全に手術を終えられるよう業務に取り組んでいます。
お薬についてはいつでもご相談ください。

調剤業務(内服薬・外用薬・注射薬)

入院患者様のお薬を、用法・用量の他、持参薬との相互作用や飲み合わせなど様々な観点からお薬を確認し、調剤を行っています。
ご自身でのお薬の管理が不安な方へは一包化などの調剤を行っており、服用に関わるサポートもしています。

服薬指導

薬剤師がお部屋に伺い、お薬の効果や用法、副作用、注意事項などの説明を行っています。
患者様がお薬に対しての不安をなくし安心して服用して頂けるよう心掛けています。

病棟業務

病棟には専任の薬剤師がおります。
患者様からの持参薬の確認・管理、服薬計画の提案や、他の医療スタッフへの医薬品情報の発信など、情報を共有することで適切な医薬品の提供を行っています。
積極的に病棟との連携を図ることで、医師・看護師など他の医療スタッフとのチーム医療の一旦を担い、より良い医療サービスを提供できるよう努めています。

医薬品情報管理業務

医薬品の情報収集・保管・評価を行い、他の医療スタッフや患者さんへのお薬に関する問い合わせへの対応を行っています。
また、院内医薬情報誌(DI-NEWS)の編集・発行を通して医薬品情報の伝達に努めています。

入退院支援課

入院前から退院後まで、患者さんとご家族をサポート

当院では、入院前から退院まで安心して療養生活を送っていただき、退院後も安心して生活していただくことをめざしております。様々な心配事について相談に応じ、住み慣れた地域で生活が続けられるよう、お手伝いをさせていただいております。

たとえば…

  • 退院後に今まで通りの生活ができるのか不安
  • 自宅の環境についての相談
  • 介護生活について知りたい
  • 障がい福祉サービスについて知りたい
  • 障害者手帳について知りたい
  • 転院についての相談
  • 医療費や生活費が心配
  • 療養生活上の不安がある

患者様やご家族のお話をうかがい、皆様の意思を尊重しながら、一緒に考えていきます。
どんな小さなことでも構いません、いつでもお気軽にご相談ください。

スタッフ

  • 医療福祉連携士 1名
  • 入退院支援看護師 1名
  • 医療ソーシャルワーカー 1名
お問い合わせ

TEL 011-753-3030  
FAX 011-753-1333
平日 9:00~17:00